店名【灯螂舎】の由来について

「灯螂舎」という店名の由来についてお話しします。

昆虫を食べる肉食性の昆虫といえば「カマキリ」を思い浮かべる方が多いと思いますが、私の一番好きな昆虫は、ほかでもないこのカマキリです。

とある夏、成体のカマキリを飼育している際に、ふと「与えた餌昆虫の腸(糞)部分のみを飲み込まずにぺっと吐き出す」場面を見てしまいました。

翅や触角を切り捨てている場面は何度も見てきましたが、まさか内臓にくっついている糞まで選り分けている(しかも残りの部位は放棄せずにきちんと完食する)とは思っていなかったため、いたく衝撃を受けたのです。

そのシーンがいつまでも印象に残っていたので、「虫を食べるグルメな昆虫」という特性を汲み、店名として採用することにしました。

※カマキリは漢字で「蟷螂」と書き、音読みでは「トウロウ」と読みます。この音から文字って「灯螂舎」と名付けました。

ちなみに、「灯」の部分にも理由がありまして、物件の真横にそびえ立つ「榧(かや)の木」から取れる「榧の実」の用途に由来しています。

石油由来の灯油が無かった頃、人々は榧の実から取れる油を灯油代わりに用いていたそうで、「明かりを灯すために植えられていた木」というルーツを持つ木がシンボルツリーであることを取り入れたいと思い、単に「蟷螂舎」とせず「灯螂舎」と表記することにしました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です