CONCEPT

CONCEPT

「灯螂舎」の由来

店名の由来は「トウロウ=蟷螂」、つまりカマキリです。
店主の一番好きな昆虫の名前を店名に入れたかったから、という非常にシンプルな理由で決定しました。

蟷螂の「蟷」の文字を“ともしび”の「灯」に置き換えたのは、夜に灯る明かりの下へ種々の昆虫が集うように、昆虫好き・博物マニアが全国から集まる場所になれたら、という思いからです。

“あたらしい昆虫食”

灯螂舎は、昆虫食に興味を抱き始めた皆さんの「はじめの一歩を踏み出すお手伝い」をしたいと思っております。

「いなご」や「蜂の子」など、昔から昆虫食文化が盛んだった一部地域(長野県など)を除いて、日本ではまだまだ“食材”として浸透していない昆虫。
TV番組やYouTube動画などのイメージから、なんとなく“ゲテモノ”のイメージがあるかもしれませんが、実は魅力的な味驚くような香りを持つ種もたくさん存在していること、皆さんはご存知でしょうか?

他の一般的な食材と同じように、鮮度や種類・産地・生育段階[卵/幼虫/前蛹/さなぎ/羽化直後/成虫]から調理方法[ボイル/フライ/ペースト/乾燥/粉末/出汁/加工食品]まで、その昆虫の「おいしさ」を形成する要素は多岐にわたります。
たった一種類の昆虫(特に輸入乾燥昆虫スナック)を食べただけで、「やっぱり虫は美味しくない、苦手だ」と感じて敬遠してしまうのは非常にもったいないことだ、と私たち昆虫食経験者は常々思っています。
表面的に触れるだけでは気付きにくい、まだまだ知られていない昆虫の本当の魅力をもっと気軽に試していただける場所を作りたいという思いから、灯螂舎は始まりました。

すでに昆虫食に親しみを持っている人はもちろん、そうでない人にも抵抗なく味わっていただけるよう、灯螂舎では「見た目に虫を感じない」をポリシーとした焼菓子を作っています。
子どもから大人まで楽しめるポピュラーな味をはじめ、ハーブやスパイス・お酒を使用したちょっぴり大人向けの焼菓子もご用意しておりますので、きっとお好みの味が見つかるはずです。
昆虫の持つ「外見上の特徴(脚や触角など)」からくる抵抗感や先入観にとらわれず、実際に口にしてみて初めて分かる美味しさ種類ごとにまったく異なる味わいをフラットにお楽しみください。

※灯螂舎はあえて“昆虫食専門店”とは謳っておりません。原料として食用昆虫を使用していますが、あくまで「食材の選択肢の一つとして、昆虫“も”使用しているお店」と捉えていただければ幸いです。(昆虫不使用の焼菓子もございます。まだ昆虫入りには抵抗があるという方は、ご遠慮なく昆虫不使用商品をお求めください。)

昆虫は甲殻類と近縁の生き物です。えび・かにアレルギーをお持ちの方は、昆虫を食べることによってアレルギー症状を引き起こす可能性がございますので、不安のある方は喫食をお控えください。(試される際は必ず少量ずつ様子を見ながらお召し上がりください。)
※甲殻類にはアレルギー反応がなくとも、昆虫のみ症状が出るケースも確認されています。初めて昆虫を召し上がる際は、食物アレルギーの有無に関係なく慎重にお召し上がりいただくことをおすすめいたします。