CONCEPT

灯螂舎のコンセプト

灯螂舎(トウロウ舎)の店名の由来は「トウロウ=蟷螂」、つまりカマキリです。理由はシンプルで、店主の一番好きな昆虫の名前をもじって名付けました。

一字目の「蟷」の文字を“ともしび”の「灯」に置き換えたのは、夜に灯る明かりの下へ種々の昆虫が集うように、全国の昆虫・博物ファンがふらっと立ち寄れる場所になれたら、という思いからです。

「蟲(むし・虫)」をメインテーマに、焼菓子店・雑貨店・古道具店・ギャラリーと色々なかたちを持つお店です。少しでも惹かれるところがあれば、ぜひ一度遊びにいらしてください。

“あたらしい昆虫食”

灯螂舎は、昆虫食に興味を抱き始めた皆さんの「はじめの一歩を踏み出すお手伝い」をしたいと思っております。

一部地域を除いて、日本ではまだ食材として浸透していない「昆虫」。
なんとなく“ゲテモノ”のイメージがあるかもしれませんが、実は魅力的な味や驚くような香りを持つ種もたくさん存在しています。

そんなまだまだ知られていない昆虫の本当の魅力をもっと気軽に試せる場所を作りたいという思いから、灯螂舎は始まりました。

すでに昆虫食に親しみを持っている人はもちろん、そうでない人にも抵抗なく味わっていただけるよう見た目に一切“虫”を感じないお菓子づくりをポリシーにしています。子どもから大人まで楽しめるポピュラーな味をはじめ、ハーブやスパイス・お酒を使用したちょっぴり大人な味の焼菓子もご用意しておりますので、きっとお好みの味が見つかるはずです。

昆虫の持つ「外見上の特徴(脚や触角など)への抵抗」という先入観にとらわれず、実際に口にしてみて初めて分かる美味しさ種類ごとにまったく異なる味わいをフラットにお楽しみください。

※灯螂舎はあえて“昆虫食専門店”とは謳っておりません。食用昆虫を使用していますが、あくまで「食材の選択肢の一つとして、昆虫“も”使用しているお店」と捉えていただければ幸いです。(昆虫不使用の焼菓子もございますので、抵抗のある方はそちらをお求めください。)