CONFECTIONERY

CONFECTIONERY

見た目に虫を感じない昆虫焼菓子

灯螂舎の昆虫焼菓子は「虫の姿を見せない」ことをポリシーに、パウダーやペースト状の原料を中心に使用しております。

もちろん、昆虫不使用の「ふつうの焼菓子」もございます。
どちらの焼菓子も、日常のおやつとして気軽にお手に取っていただけるよう、シンプルなものからお酒のおつまみになる味まで豊富に取り揃えておりますので、昆虫の使用有無にかかわらず、ご自身のお好みに合いそうな味をじっくり探してみてください。

一つ一つ手作りで製造しているため大量生産はできませんが、ラインナップはこまめに入れ替えております。
来るたび・覗くたびに変化していく品揃えに、どうぞご期待ください。

季節や製造タイミングにより、店頭やオンラインショップに並ぶ商品は変化いたします。本ページ掲載している焼菓子の種類全てを常時在庫しているわけではありませんので、何卒ご留意ください。

焼菓子ラインナップ(通販OK)

店頭・イベント限定商品

MUFFIN

マフィン

※2022年8月現在、群馬県の灯螂舎店頭および対面イベントでのみお求めいただけます。

焼菓子に使用している主な食用昆虫

ヨーロッパイエコオロギ

福島県二本松市で育った養殖コオロギ。別名「ハウスクリケット」とも呼ばれる本種は、干しえびのような甲殻類系の風味と穀物系の香ばしさが共存しています。クセが少なくあっさりとした味わいで、食事からスイーツまで様々な食材に合わせやすい万能選手。焼菓子に加えると、ナッツのようなコクと香ばしさが際立ちます。

原料形態 粉末加工品

フタホシコオロギ

こちらも二本松産の養殖コオロギ。ヨーロッパイエコオロギに比べ、風味が強くやや好みの分かれる味わいですが、その分少しの量でも“コオロギの味”をしっかりと感じることができます。煮干しのようなガツンとくる旨味とビターさに、どこか八角を思わせるスパイシーな香りを併せ持つ、複雑で重厚な味わいが特徴です。

原料形態 粉末加工品

家蚕(カイコ)の蛹

食用に養殖された新鮮な蚕のさなぎは、空豆やグリーンピースを連想させる青い豆系の風味とほのかな甘味が特徴です。素朴ながらも後味にはしっかりと存在感があり、加熱・粉末加工されることで生まれる炒ったきな粉のような香ばしさはバターや小麦粉との相性も◎。焼菓子の味わいに自然な奥行きを与えてくれます。

原料形態 粉末、ペースト加工品

蚕沙(カイコの糞)

新鮮な桑の葉をたっぷり食べて育った、小石丸(日本在来の伝統種)の幼虫の“ふん”。これを乾燥させたものは「蚕沙[さんしゃ/さんさ]」と呼ばれ、古くから漢方として利用されてきました。桑の葉の香りと成分が凝縮された蚕沙は、抹茶よりも軽やかで苦味が少なく、すっきりとした上品な味わいを楽しめます。

原料形態 乾燥・焙煎加工品

アメリカミズアブの幼虫

おからと酒粕を食べて育った、神奈川県産のアメリカミズアブ。特に幼虫は良質な脂肪酸(ラウリン酸)を豊富に含み、その風味はココナッツを彷彿とさせます。香辛料との相性が良く、甘味にも馴染みやすい唯一無二の味わいです。

原料形態 姿(乾燥)、粉末加工品

おからマゴット(イエバエの幼虫)

イエバエの幼虫・通称マゴット。クリーンな環境で栄養価の高いおからを与え育てられた群馬県高崎産の“おからマゴット”は、身近な「ハエ」のイメージとは裏腹に、鼻に抜けるふくよかな香りと存在感のあるクリアな旨味が特長です。

原料形態 姿(乾燥)、粉末加工品

クロスズメバチ

岐阜県の山間地域では“ヘボ”と呼ばれ、「季節のごちそう」として愛されてきたクロスズメバチ。一匹ずつ丁寧に採集された中津川産の天然ヘボは、噛み締めるほどにナッツ系の濃厚なコクと強い旨味を楽しめます。幼虫~成虫と成長するにつれ風味や食感は変化しますが、特に前蛹のほんのり甘味を感じる雑味のない味わいは格別です。

原料形態 姿(冷凍)

タイワンタガメ

カメムシの仲間であるタイワンタガメの成虫は、体内から洋梨や青りんごを連想させる非常にフルーティーな香りを放ちます。その鮮烈な風味だけを利用するため、当店ではタガメから香り成分を抽出したタガメエキスタガメ香料を使用しています。ケーキや焼菓子に爽やかな果実香を加えたり、ドリンクなどの香りづけにも最適です。

原料形態 エキス、香料

昆虫は甲殻類と近縁の生き物です。えび・かにアレルギーをお持ちの方は、昆虫を食べることによってアレルギー症状を引き起こす可能性がございますので、不安のある方は喫食をお控えください。(試される際は必ず少量ずつ様子を見ながらお召し上がりください。)
※甲殻類にはアレルギー反応がなくとも、昆虫のみ症状が出るケースも確認されています。初めて昆虫を口にする際は、食物アレルギーの有無に関係なく慎重にお召し上がりいただくことをおすすめいたします。